京本政樹の若い頃が美男!驚異的な若さを保っている秘訣

今回は京本政樹の若い頃についてまとめていきます。

また、京本政樹さんが若さを保っている秘訣について紹介します。

 

京本政樹の若い頃について

出典:https://twitter.com/

俳優や歌手として活躍している京本政樹さん。

時代劇から現代劇まで幅広く出演し、着物デザイナーやシンガーソングライターとしても活動されていますよね。

京本政樹さんは、現在60歳と還暦を迎えられましたが、「若い頃が綺麗すぎ」と話題になっているそうです。

そんな京本政樹さんの若い頃について、これから見ていきましょう。

 

京本政樹の若い頃の画像が美男!

スポンサーリンク

出典:https://twitter.com/

若い頃が美男だと話題になっている京本政樹さん。

まずは若い頃の画像からご覧ください↓

出典:https://twitter.com/

出典:https://twitter.com/

出典:https://xn--88jua5c2gx12n427bbivi9cns6d.com/

出典:https://twitter.com/

白黒の画像以外は20代頃の写真でしょうか。

整った品のあるお顔をされていますよね。

中学時代には京本政樹さんのファンクラブまであったそうで、そのファンクラブがジャニーズ事務所に勝手に写真を送り、京本政樹さんにジャニーズ事務所からスカウトがあったほどだったそうです。

京本政樹さんはその誘いを一度断っていますが、それほど京本政樹さんの容姿が良く、光るものがあったのでしょう。

さすがとしか言いようがないですよね。

 

京本政樹の若い頃の活躍

出典:https://twitter.com/

京本政樹さんの若い頃の活動について見ていきましょう。

京本政樹さんは1979年の20歳の時に、NHK『男たちの旅路』第4部「車輪の一歩」でテレビデビューをしています。

元々はミュージシャン志望で芸能界にスカウトされたそうですが、俳優でデビューすることになったようですね。

その後、1981年に『銭形平次』に魚屋役でレギュラー出演した京本政樹さんは、本格的に時代劇俳優を目指すことを決意。

その後は「必殺仕事人」「水戸黄門」や、数々の大河ドラマや映画などに出演し、知名度と人気を上げていきました。

現在ではすっかり俳優としてのイメージが定着している京本政樹さんですが、かつて志望していたミュージシャンとしての活動もされています。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

1984年にアルバム『ラブレーの15分』をリリースしたことがきっかけで、シンガーソングライターとしての才能を認められました。

その後、「I can’t say…」でシングルデビューを果たしています。

1986年には「必殺仕事人V・激闘編」の音楽を手がけ、主題歌の作詞・作曲・編曲をし、鮎川いずみさんに楽曲提供をしました。

そのことがきっかけで、京本政樹さんはライブ活動などを行うようになりましたが、俳優と歌手の両立や、方向性のギャップに悩み、1988年にアルバムをリリースした後音楽活動を休止。

そして2004年から再び音楽活動を再開されたそうです。

俳優だけでなく、ミュージシャンとしての活動もされていたんですね。

天は二物も三物も与えるようです。

 

京本政樹の若い頃と現在を比較

出典:https://twitter.com/

そんな京本政樹さんは、現在60歳になるにも関わらず『若い、年をとらない』とも話題になっています。

あまりの若さに整形疑惑まであるようなので、若い頃と現在の京本政樹さんを比較してみましょう。

まずはこちらが京本政樹さんの若い頃の画像です↓

出典:芸能人のすっぴん特集

そしてこちらが現在の京本政樹さんです↓

出典:https://caro-caro.com/

若い頃と比べたらさすがにお年を召しましたが、いくら化粧をしているとはいえ、60歳には見えないですよね。

むしろこの画像だけで判断したら、実年齢より20才ぐらいは若く見えます。

これだけ若く見えるとなると、騒がれるのも頷けますよね。

若さの秘訣が気になるところです。

 

京本政樹が驚異的な若さを保っている秘訣

出典:https://twitter.com/

京本政樹さんが若く見える秘訣は…

  • 食事は1日1食だけ。
  • 日焼けを避ける。
  • アルコールを摂取しない。
  • 暴飲暴食をしない。
  • 気持ち良いからと、蒸しタオルで顔をゴシゴシ拭き、その後に氷水で絞ったタオルで拭くということを頻繁にしている。

ということを習慣にしているからではないかと、京本政樹さん本人がコメントされていました。

というのも、京本政樹さんは28歳の頃にスキューバダイビングにハマり、朝からステーキを食べるといった生活をしていた時期があったそうです。

そんな時、ファンからの手紙に『顔が少し丸くなってきた』と書いてあり、ベスト体重から3キロ増えたことを気にするようになったとのこと。

また、スキューバダイビングの日焼けのせいで、時代劇の舞台のメイクが上手く乗らなかったことから、上記のような生活スタイルを30年ほど続けているそうです。

だから肌が白く、シミが少ないのでしょうか。

1日1食生活を30年も貫いていることも、プロ意識の高さを感じさせますよね。

また、整形疑惑に関しては、ボトックスをやっているのでは?との声もありましたが、個人的な意見ではやっていてもおかしくはないとは思いますが、化粧による影響も大きいのかもしれません。

以上、京本政樹の若い頃についてのまとめでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)