アントニオ猪木の若い頃の画像がイケメン!病気で車椅子に座ってる?

「燃える闘魂」のキャッチフレーズで日本プロレス界を背負い、その後、国会議員になり、さらに北朝鮮へも何度も訪れているアントニオ猪木さん。

そんなアントニオ猪木さんの若い頃の画像や伝説について調べてみました。

アントニオ猪木の若い頃はこんなにイケメン!【画像あり】

1943年2月20日生まれで、神奈川県横浜市鶴見区出身。本名は猪木寛至さん。

5歳のときにお父さんを亡くし、13歳の時に母親、祖父、兄弟とともにブラジルに移住し、農場でコーヒー豆の収穫を手伝うという過酷な少年時代でした。

プロレス入団のきっかけは、ブラジル興行でサンパウロに来ていた力道山にスカウトされたことがきっかけです。

若い頃の伝説のエピソードや名言についてもチェック!

身長190cmのアントニオ猪木さん。

スポンサーリンク

子どもの頃から背が大きかったようで、

「小学5年生だった頃の猪木は教室に入ってくるとき、よく扉の上枠に頭をぶつけていた」

と小学校の教室のドアは180cmから200cmが多いようなので、猪木さんは小学校5年生ですでに180cmくらいあったと思われます。

アントニオ猪木さんはブラジルでスカウトされますが、

入門当時の“公式プロフィール”は「1943年、ブラジル・サンパウロ出身の日系二世」。

カタコトの日本語しか話せない日系二世という“設定”だったから、猪木は公の場で日本語を話すことを禁じられた。

と最初は日系人という設定だったそうです。

プロレスラーのキャラ設定っていうのがあるんですね。

1976年には異種格闘技戦として、プロボクシングの元ヘビー級王者、モハメド・アリ氏と勝負に臨みます。

ところが、

その戦いは「茶番劇の売名行為」と批判された。

その茶番劇と言われたのには対戦ルールに訳があり、

猪木の得意とするプロレス技のほぼ全てが使用禁止となった。

その上、体が軽く触れただけでもロープブレイクが成立とされたり、猪木は片ひじか片膝をついた状態のみ攻撃が可能という、ほぼ何も攻め手の内情対での戦いを強いられた。

そのため、いわゆる“アリキック”と呼ばれたスライディング式のローキックの後、あおむけに寝た状態を15回にわたって続けざるを得なかった。

という厳しいルールのために、猪木はラウンドが始まり、ゴングが鳴るとすぐに床に寝そべって、15ラウンドをしのぐという作戦に出ました。

これが「茶番劇の売名行為」と言われてしまいます。

アントニオ猪木は現在病気なの?→実は糖尿病で医師が引退勧告していた!

アントニオ猪木さんが車椅子姿になっていることが報じられ、いろんな病気の憶測が飛んでいます。

スポンサーリンク

周囲は「腰の治療のため入院していた。大事をとって車いすを利用している」と説明しているが、プロレス界では、ずいぶん前から「持病の糖尿病が悪化したらしい」という話が広まっていた。

猪木さん周辺の方は腰を痛めていると発表しているようですが、マスコミ関係者などは持病の糖尿病ではないかと噂になっています。

「アントニオ猪木さんの引退試合」とされているのは1998年4月4日の試合ですが、このときの猪木さんのコメントがファンの間では伝説となっています。

1998年4月4日「ファイナルイノキトーナメント」の引退試合でアントニオ猪木さんは、こう引退宣言します。

『 わたしは今、感動と感激、そしてすばらしい空間の中に立っています。

心の奥底からわきあがる皆様に対する感謝と熱い思いをとめることができません。

カウントダウンが始まってからかなりの時間がたちました。

いよいよ今日がこのガウン姿が最後となります。

思えば右も左もわからない、一人の青年が、力道山の手によってブラジルから連れ戻されました。

それから38年もの月日が流れてしまいました。

最初にこのリングに立った時は興奮と緊張で胸が張り裂けんばかりでしたが、今日はこのような大勢の皆様の前で最後の御挨拶ができるということは、本当に熱い思いで言葉になりません。

私は、色紙にいつの日か闘魂という文字を書くようになりました。

それを称してある人が燃える闘魂と名付けてくれました。

闘魂とは己に打ち克つ、そして戦いを通じて己の魂を磨いていくことだと思います。

最後に私から皆様にメッセージをおくりたいと思います。

人は歩みをとめたときに、そして挑戦をあきらめた時に年老いていくのだと思います。

この道を行けばどうなるものか。あやぶむなかれ。

歩まずば道は無し。

踏み出せばそのひと足が道となり、そのひと足が道となる。

迷わずいけよ、いけばわかるさ。アリガトー!』

この試合を最後にアントニオ猪木さんはリングにはあがっていません。

北朝鮮建国70年の記念式典出席時に車椅子姿で登場!理由は腰痛のため?

アントニオ猪木さんが車椅子姿で登場したことによって、

「このところ国会に登院しなかったのも、車いすなしでは歩くことができず、弱々しい姿を見せることになるため。

北朝鮮行きは当初の予定通りですが、前日にマスコミが『猪木氏、北朝鮮訪問へ』と報じたのが余計だった。

空港に現れた猪木氏は、終始ピリピリムードだったそうです」

といろんな噂が飛び交っています。

糖尿病が悪化したのではという噂もマスコミ関係者にはありますが、本人はこのことについて、

「あのときは(8月に行なった腰の手術から)退院して1週間もたっていない状態だったからね。

体調次第では経由地の北京で引き返す覚悟でいたんだけど、なんとか行くことができて、向こうの要人も『こんな状況で来ていただいて』と感動してくれた。

車イスで行くっていうのも、まぁ”猪木らしさ”なのかな(笑)」

とコメントしています。あくまでも腰の手術後ということのようです。

車椅子姿でもあえて訪朝したことについて、北朝鮮側は2020年の東京オリンピックにむけて、

「参加する意向で、南北で一緒になって協力したい」

と猪木さんに伝え、さらに車椅子姿の猪木さんに対して、

「この状態(車いす)で行ったことに大変感動してくれた」

と歓迎と感謝の意思を表したそうです。

アントニオ猪木さんの若い頃、そして最近の病気の噂などについて紹介しました。

リングに上がることは今はしておらず、あまりテレビ番組への出演もしていなく、政治の面でも久しぶりに表に出たということでいろんな憶測を呼んでいますが、年齢的にも76歳になりますので、なかなか精力的には表舞台に出るのにも難しいのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする