出川哲朗の若い頃の画像。なぜ嫌われてたの?嫁の阿部瑠理子は秋田出身。最低って?

バラエティおなじみの顔、出川哲朗さんの若いころやプライベートについて調べてみました。

出川哲朗の若い頃の画像まとめ

今でこそ中年太りをしてしまった出川哲朗さんですが、若いころはこんなにスリムだったのです!

顔はあまり変わらないですし、決して驚くほどイケメンというわけではないですが、「愉快な友達枠」といった感じで、親しみが持てますね!

ちょっとグレていた時期も…。

胸板がセクシー!…というほどでもありませんが、なかなか愛嬌のある画像ですね。

スポンサーリンク

出川哲朗は若い頃は嫌われていた

今の若い方は知らないかもしれないですが、実は出川哲朗さんは若いころ、一般人にとても嫌われていたのです。

なんと2001年〜2005年もの間、”嫌いな男性ランキング1位”を獲得して殿堂入りしてます(笑)

他にも”抱かれたくない男”や、”砂に埋めたい男”ランキングでも1位になったことがあるんだそう(笑)

嫌い、抱かれたくない、はわかるのですが砂に埋めたいってヒドすぎやしませんかねw

なぜ嫌われてたの?

性格も良く、面白い出川さん。

嫌いになる要素が今は見当たらないのですが、当時はなぜこんなに嫌われていたのでしょうか?

理由を調べていたら、以下の結論を見つけました!

ズバリ、出川哲朗さんが嫌われていた理由は…

・リアクション芸はお笑い界では下に見られていた

・女性からの支持率を得られなかった

この2点ですね〜。

当時の感覚では、出川さんのオーバーリアクションは「うざい」と感じられていたのでしょう。

まあ今でもそう思う人はいるのでしょうが、今ほど市民権のない芸風だったのですね。

テレビに出ている人は本人の性格そのものでなく、画面を通してしか判断されないので、出川さんとしては不本意だった…かも?

でも結局「嫌われ芸」では需要もあったので、おいしかったのでしょうかw

出川哲朗の嫁・阿部瑠理子について【画像】

「モテない芸人」といえば出川哲朗、ともいわれていましたが、そんな出川さんにも春が!

2004年に長年付き合った恋人とゴールンインします!

奥様の名前は阿部瑠理子さん。

ボーイッシュな美人ですね〜!

元々レースクインをやっていた方だそうで、スタイルも抜群だとか!

年齢は?

奥様の年齢、プロフィールはこちら。

1978年8月22日

出身地:秋田県

身長:168cm

スリーサイズ:80-58-86

現在は40歳ですね!

身長も168cmとかなり高め。

プロポーションの良さが伺えるプロフィールです。

阿部瑠理子の出身地は秋田県平鹿郡増田町

瑠璃子さんの出身は美人が多いことで有名な秋田県です。

秋田県平鹿郡増田町というのがどんなところなのか、グーグルマップで調べてみたところ…。

スポンサーリンク

なんとものどか。

ちなみに画像は、平鹿郡で一番大きな国道です。

のんびりしたところですね。

阿部瑠理子との結婚までの馴れ初めは「ロンドンハーツ」?

瑠璃子さんと出川さんの結婚には、あの人気番組「ロンドンハーツ」が一枚噛んでいるそう。

出川さんは、瑠理子さんと知り合う前、4年間同棲していた彼女にフラれたばかりでした。

その未練をふっきるため、『ロンドンハーツ』で出川さんの特番企画が組まれます。

その企画をたまたまテレビで見ていた瑠璃子さん。

出川さんの純真さに惹かれ、自分から接触を図ったそうです。

その後2人はおつきあいに発展。

そして再びロンドンハーツの力を借り、ゴールインを迎えます。

『ロンドンハーツ』が制作費5,000万円をかけて、イタリアのローマ市内をロケに出川さんのプロポーズ大作戦を企画。

2004年2月13日、40歳の誕生日を迎えた出川さんは瑠理子さんに公開プロポーズを行います。

5000万かけてフラれたらそれはそれでネタになりそうですねw

この時、出川さんのプロポーズの言葉が

「あなたを心から愛ちていまちゅ。結婚ちてくだしゃい」

赤ちゃんかな?

持ち前の滑舌の悪さを物ともせず!

結果はもちろんOK!

幸せな結婚生活が始まったのですが…

阿部瑠理子が最低って?

なんと、結婚してからの瑠璃子さんはとんでもない悪妻だという噂が!

なんと新婚当初からキスはもちろん触れるのも拒否されているのだとか。

「キモい」とか「さわんな」とか「こっちみんな」とか日常的に言われていたようです。

さらに逸話は続き…

例えば出川さんのいびきが凄すぎるため、別々に寝ているところから始まり、あげくは嫁から「あなたの遺伝子はいらない」と言われているそうです。

ひ、ひどい…!

出川さんが笑いながらテレビで話すから、笑い話のように受け止められますが…リアルにこれをされたらまさにヤバイヨヤバイヨなのでは。

出川哲朗の呼び名が酷いと話題

さらに奥様は出川さんをユニークなニックネームで呼んでいるそう。

その名も「くそてつ」。

名付け側の気持ちがよく表現されていてなかなかのネーミングセンスです。

さらにすごいことに、奥様はくそてつさんに真心たくさんの作詞作曲もなさるそう!

家では『くそてつ』と呼ばれているらしく、奥さんが作ったくそてつの歌もあるんだとか(笑)

ちなみに歌詞は「くそてつ~くそてつ~くそてつご臨終♪」や「くそてつ〜くそてつ〜ぶちコロセ!」などバリエーションも豊か。

これにはクソテツさんも涙です。

妻からの手紙に出川感動

ところが、そんな悪妻と名高い奥様から心のこもった手紙をもらった出川さん。

以前『A-Studio』(TBS系)で読まれた妻から出川哲朗への感謝の手紙を振り返りながら、収録後の夫婦のやり取りを語った。

『A-Studio』で読まれた手紙の内容は「恥ずかしくて13年1度も言ったことはありませんが、たくさんの出会いの中、私を選んでくれてありがとう。

これからも身体に気をつけて笑いの絶えない2人でいましょう。

いつもありがとう」というもの。

「しねしねしね!」ソングで起こされる朝、その後に「あそぶぞ!あそぶぞ!あぞぶぞ!」ソングが始まる毎日に出川さんは幸せを感じ、そんな奥様を「かわいい」と思うそう。

「クソテツの歌」も考えようによっては、そんな歌をうたって許される間柄だということでしょう。

幸せの形は人それぞれですね。

子供はいるの?

お二人の間に子供はいません。

上記でもあったように、奥様は「クソテツの遺伝子はいらない」と宣言しているとか。

実際に奥様は夫婦生活を拒否しているそう。

夫婦生活がないことは離婚原因の上位に入るものですが、出川さんはそれで良いとしているそうです。

子供がいてもいなくても、夫婦が仲良く幸せに過ごせるならそれに越したことはないでしょう。

出川さんのプライベートはどうやらヤバイヨヤバイヨではなさそうです。

出川哲朗さんの記事については以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする