萩原健一の若い頃の画像やエピソードを紹介!ネットの反応まとめ

今回は俳優・萩原健一(はぎわら けんいち)さんの若い頃についてみていきましょう。

萩原健一さんの若い頃のイケメンエピソード、ネットの反応についてもまとめてみました。

萩原健一の若い頃の画像

2019年3月29日、ショーケンこと萩原健一さんがGIST(消化管間質腫瘍)のためこの世を去ってしまいました。

スポンサーリンク

萩原健一さんといえば『太陽にほえろ』『傷だらけの天使』など数々の有名作品に出演し、俳優として大活躍しましたね。

特に、萩原健一さんの若い頃がイケメンすぎる!と話題になっています。

ちょい悪オヤジの代表格ともいえる萩原健一さんは、とても渋くて深みのある演技が魅力的ですよね。

萩原健一さんの若い頃を見てみるとかなりかっこよく、相当女性にモテていたようです。

テンプターズ時代がイケメン!

萩原健一さんは埼玉県でスカウトされ、『ザ・テンプターズ』のボーカルとして16歳の若さでデビューします。

まるでジャニーズのような人気を誇っていたのも納得のイケメンです。

横顔もセクシーで、目鼻立ちが整っていますよね。

ただ綺麗すぎるわけではなく、男らしさもあるところに色気を感じます。

1967年のグループサウンズ(GS)の「ザ・テンプターズ」ボーカルとしてデビューした萩原健一さんですが、元々「ザ・テンプターズ」は1965年に埼玉県大宮市で、田中俊夫さん、高久昇さん、松崎由治さんのメンバーで結成された、高校生のアマチュアバンドでした。

大宮市のダンスホールを中心に活動をしていた当時の「ザ・テンプターズ」は、最初は女性ボーカルだったそうです。

ところがこの女性ボーカルのが体調不良の為、バンドの演奏だけで出演していたある日、坊主頭の中学生が飛び入り参加し、ビートルズの「マネー」を歌いました。

この少年こそが、若い頃(少年時代)の萩原健一さんだったのです。

引用:drollwolf

しかし、最初の萩原健一さんはかなり歌が下手で、周りが唖然としたそうです。

それでも萩原健一さんはレッスンに励み、メンバーとして加入します。

そうして1967年、「ザ・テンプターズ」はすでに当時スターであったGSの「スパイダーズ」の田邊昭知さんが設立した、スパイダクション(現在の田辺エージェンシー)にスカウトされたことにより、「ザ・スパイダースの弟分バンド」として、デビューを果たします。

萩原健一さんはこの時まだ16歳でしたが、プロとして専念するため高校を辞めたそうで、若い頃の萩原さんの本気度が伺えますね。

そしてデビュー曲「忘れ得ぬ君」は好調な売上を記録し、第二弾シングル「神様おねがい」で大ブレイクするのです。
続く「エメラルドの伝説」も大ヒット、「ザ・テンプターズ」はGSのスターとして人気を不動のものとしました。

引用:drollwolf

「ザ・テンプターズ」はアイドルでありつつも不良っぽさが見え、若い頃の萩原健一さんの魅力が満載ですね!

PYG時代がかっこいい!

PYG(ピッグ)は1970年代初頭、グループ・サウンズの「ザ・タイガース」「ザ・テンプターズ」「ザ・スパイダース」メンバーが集結したスーパーグループです。

沢田研二さん・萩原健一さんのツインボーカルがおりなすロックサウンドが特徴でしたが、メンバーのソロ活動や俳優活動が重なり、自然消滅となってしまいました。

このころの萩原健一さんも、ワイルドでかっこいいですよね

傷だらけの天使時代がかっこいい!

萩原健一さんが出演していたドラマ「傷だらけの天使」は、1974年10月~1975年に放送された探偵ドラマです。

萩原さん演じる木暮修と水谷豊さんふんする弟分・乾亨という二人の若者の怒りと挫折を描いた1話完結型ドラマで、深作欣二監督や神代辰巳監督など個性的な映画監督が演出を手掛けたことでも知られている。

ゴーグルとヘッドホンをつけた萩原さんがトマトをかじり、新聞紙をエプロンにし、牛乳を飲み、コンビーフを食べるオープニング映像も、当時大きな注目を浴びた。

引用:「傷だらけの天使」放送決定 萩原健一さんを追悼

このころの萩原健一さんは少し大人の魅力がプラスされ、より一層かっこいいですね。

萩原健一の若い頃のエピソード

萩原健一さんは波乱万丈の人生と、破天荒さが女性の心を動かし、かなりモテてきました。

初めての結婚は、モデルの小泉一十三(こいずみ ひとみ)さんで、ドラマ『太陽にほえろ!』で共演したことがきっかけでした。

『装苑』でモデルもしていたスタイル抜群の小泉一十三さんとの間には、女の子が誕生していますが、わずか3年で離婚することになってしまいました。

次に結婚したのは女優のいしだあゆみさんです。

しかこちらも4年後に離婚してしまいます。

いしだあゆみさんと離婚後は、女優・倍賞美津子さんと交際しました。

倍賞美津子さんのほうが年上ですので、萩原健一さんは年上キラーなのかもしれません。

その後1996年に、ヘアスタイリストの女性と再婚し、10年後の2006年に離婚します。

萩原健一さんの最後の結婚となったのが、モデルの冨田リカさん。

ショーケン最後の奥様、ということになりますね。

ネットの反応

萩原健一さんが亡くなった際のネットの反応は以下のとおりです。

あまりにも突然の死に皆さん驚いた様子ですよね。

天国で安らかに眠っていることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする