広末涼子の若い頃、昔の写真まとめ。関東連合のペットで灰皿排便って何!?

人気女優、広末涼子さんの昔、プライベートについて調べてみました。

広末涼子の若い頃(昔)のかわいい写真をまとめてみた!【画像あり】

今でも十分美しい篠原さんですが、若いころはそりゃもう美しかったのです!

清純派の代表、といっても過言ではない広末さんの存在感に、当時の若者は圧倒されたもの。

素朴で飾りっ気のなさが、はば広い世代に支持されていました。

当時のかわいすぎる画像がこちらです。

こちらは出てきたばかりのころですね。

「とってもとってもとってもとってもとってもとってもだいすっきよ〜♪」のころでしょうか。

スポンサーリンク

ちょっぴり大人になった広末さん。

すっぴんでこれですよ。

マッシュルームボブがこんなに似合うのは、広末涼子さんしかいません。

しかしこんなかわいくて清純な彼女には、黒すぎる過去があったのです…。

広末涼子は関東連合のペットだった!?元旦那が関東連合の構成員だったという説も

あの悪名高い、といったら失礼ですが、いい噂をきかない関東連合に篠原さんが関わっていた、というのです。

しかも「関東連合のペットだった」や「元夫が関東連合の構成員だった」など、”関わっていた”どころではないレベルの話まで…。

元夫とは岡沢高宏さん。

彼との話に関しては、こんなものがありました。

後に岡沢さんは関東連合出身だとも言われ深い関わりを持っていたことが判明していますが、岡沢さんが関東連合の関係者との間に金銭トラブルがあったとも言われており、これが広末さんとの本当の離婚原因ではないかとも言われているようです。

関東連合はいわゆる893予備軍というか、彼らの進路の6割はそっち系にいくといわれています。

岡沢さんもかなりやばい人だったのですね…。

【清純崩壊】過去の「灰皿排便プレイ」の内容がヤバすぎる…

さらに、広末さんが関東連合のペットだった、といわれるエピソードがこちら。

えげつないので閲覧注意です。

広末涼子は当時、交際していた。

金子賢との付き合いの際に、違法薬物に手を染めてしまった。

スポンサーリンク

手持ちの薬物が切れてしまったことで、都内のクラブに薬を求めて向かったところ、交際していた金子賢や後に後述する関東連合の面々から、ある要求をされたという。

『クスリが欲しければ、その灰皿に〇〇〇しろ!』

灰皿に脱糞を要求された広末涼子は、彼らに言われるがままに、クラブ内に備え付けられていたテーブルの上に置かれた灰皿に用を足した。

そして、薬を懇願したという恐るべき陰湿な話があるのだ。

薬ってこわいですね…。

そしてそんな都合よく出るものなのか…とあまりの内容に逆に冷静になってしまいました。

そしてさりげなく俳優金子賢さんの名前が出ていますが、彼も広末さんと交際をしていた過去があり、関東連合との関わりもあるそうです。

こんなひどい命令を出し、広末さんの人間としての尊厳も失わせたのは、とある人物でした。

灰皿プレイを強要したのは関東連合の金村剛弘という人物だった?

関東連合の面々、の中で声あげ役となったのが金村剛弘という人物。

広末涼子さんは金村剛弘さんという関東連合との関係が取り沙汰されている人物とも付き合っており、この灰皿事件の時もその場で指図をしたとも言われています。

ちなみに広末さんの最初のお子さんはこの金村氏の子ではないかとも言われています。

岡沢高宏の元妻、広末涼子さん。

実は金村剛弘の女で、好き放題されていたが、広末涼子さんが妊娠したと知った金村剛弘が広末涼子さんの扱いに困り、岡沢高宏に押し付けたとも言われています。

金村さんは数年前に目出し帽をかぶった暴漢数人に袋叩きにあい、頭がい骨骨折で亡くなったそうです…。

因果応報、というべきなのでしょうか…。

広末涼子は枕営業や数々の奇行の噂でも有名。闇深すぎだろ…

さらに広末さんは薬をやっていた、というのもあり、数々の奇行を晒しています。

・西麻布で路上に座り込み写真が流出
・タクシー代金を無賃乗車
・大学在学中のレポートがメチャクチャでおかしいレポート
・カメラの前でいきなり号泣し出す

芸能界でも有名だったみたいですね。

さらに芸能界では枕営業でのし上がった人としても知られていて、当時の広末さんにとって「名声を得る手段=枕」という発想だったそう。

枕の相手としては、リュックベッソン監督と中尾彬さんが広く知られています。

リュック・ベッソンさんというこの映画の監督を務めた人物が、広末涼子さんを映画の主演にしてやるという条件で何度も関係を持ったということみたいです。

広末涼子さんも日本で〇営業をして役を勝ち取るという流れでやってきたので、海外でも通用すると思ったらしく、進んで〇営業をしていました。

しかし、リュック・ベッソンさんは途中で広末涼子さんに飽きてしまい、映画の監督も途中でメガホンを違う人に渡すなど、結果として捨てられてしまったような形となり、広末涼子さんが記者会見で号泣するといった事態になりました。

枕の影響で、リュック・ベッソン監督の「WASABI」に出演を果たしたとか。

さらに中尾さんがなんとなしに広末さんを食事に誘ったところ、返ってきた返事がOKでもNOでもなく…

「今アノ日で出来ないんですけど、それでもいいですか?」

これには中尾彬さんも呆れてしまったそう。

広末さんもそうですが、彼女の周りの人たちはどんな状況だったのか…。

今はそれなりに幸せそうに過ごしている広末さんですが、心の闇はどれほど晴れたのでしょうか…。

広末涼子さんの記事については以上となります。

最後までありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする