池田成志の若い頃や嫁の画像について。仮面ライダー電王や相棒に出演?

今回は俳優の池田成志(いけだ なるし)さんの若い頃や嫁についてみていきましょう。

池田成志の若い頃の画像が見てみたい!

俳優として活躍している池田成志さんは、早稲田大学在学中に「第三舞台(サードステージ)」に参加したのがデビューのきっかけです。

その後、劇団「山の手事情社」の立ち上げに携わってから独立しています。

様々な脚本家や演出家の作品に出演しており、演劇界を牽引する俳優のひとりといっても過言ではありません。

実はかなりのイケメンなので、二枚目の役柄の演技も上手いです。

舞台ではつかこうへいさん、

スポンサーリンク

三谷幸喜さん、

宮藤官九郎さん、

福田雄一さんなどの作品に出演。

「劇団☆新感線」の作品にも何度も出演していて、いつもネタ枠のゲストとして呼ばれています。

イキウメ公演『獣の柱』とNODA・MAP公演『MIWA』における演技に対して、2013年に第48回「紀伊國屋演劇賞個人賞」を受賞していて、それまで受賞歴のなかった池田さんは、大喜びのスピーチをされました。

2017年には急逝した平幹二朗さんの代役に抜擢され、舞台『死の舞踏』で主役を演じるなど、その力量は高く評価されています

若いころの画像を見ても、今よりさらにイケメンですよね。女性ファンも多かったのではないでしょうか。

池田成志が結婚した嫁はどんな人なの?画像はある?

池田成志さんは結婚していることが分かっていますが、残念ながらお相手の名前や画像など詳しいことはわかりませんでした。

ここまで情報がないとなると、奥さんはおそらく一般女性なのかな?と思います。

【馴れ初め】嫁との出会いのきっかけが気になる!

池田成志さんと奥さんの馴れ初めが素敵!と、ネットで話題になっています。

しかしこれは、俳優の池田鉄洋さんと間違っているのでは?と思われます。

これは、おそらく俳優の池田鉄洋(いけだ てつひろ)さんとの間違いが理由だと思われます。

スポンサーリンク

池田鉄洋さんは、 ご自身が出演されていた舞台を観に来ていた女性に一目惚れし、共演者の方の知り合いだと判明して、紹介してもらい、結婚に至ったそうです。

観客席に居た女性に一目惚れとは、これは確かに運命的ですよね。

池田成志さんと池田鉄洋さんは同じように舞台を中心に活躍されている俳優・演出家で、 苗字も同じことから、勘違いされた方がおられたのだと思われます。

たしかに苗字が同じ池田で、かつ名前もパッとみると勘違いしてしまいそうですよね。

それにしても観客席にいた女性に一目惚れして結婚するなんて、かなりロマンチックですよね!

嫁との間には娘が1人いるみたい!名前が気になる!

結婚していることが分かった池田成志さんですが、奥さんとの間には娘が1人いらっしゃるそうです。

池田成志さんには娘さんが一人いるようです!かなり子煩悩のようですよ!

かなり子煩悩とのことなので、家では一人娘を大事に大事にしていることと思います。

第48回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した際にスピーチで、私の家族、娘と妻も毎日感謝しております、と話されていました。

また、2014年に出演したフジテレビ「僕らの時代」では、所帯持ちとして発言をしていますし、 娘さんは舞台を観に来てくれるそうですよ

父である池田成志さんの舞台を見に来るほど、親子仲は良好のようです。

池田成志さんは現在56歳になるので、娘さんは30歳前後では?と思われます。

池田成志さんの娘ですから、美人に決まってますが、今のところテレビ出演は無いようです。

池田成志の出演作①仮面ライダー電王

池田成志さんは、2007年に放送された「仮面ライダー 電王 第11・12話」に出演していました。

ジュニアモデル・小林カスミの父親である小林謙作と契約しカスミの仕事を妨害し潰そうとした敵イマジン。

契約者のイメージは「ジャックと豆の木」の豆の木だが、カメレオンイマジン同様コイツも間違ったモチーフで実体化している。

契約者を演じた池田成志は、後に仮面ライダーウィザードにて笛木奏/白い魔法使いを演じた。

続けて池田成志さんは、2013年に放送された『仮面ライダーヴィザード』にて、白い魔法使い役を演じ注目されました。

池田成志の出演作②相棒season 16 第16話

池田成志さんは『相棒16』第16話「さっちゃん」にも出演しています。

相棒のマドンナである幸子(鈴木杏樹)が主役の回です。

今までいろんな不幸に見舞われ、自他ともに認める“ツイてない女”の幸子が恋をするストーリーで、大注目の内容です。

『相棒16』池田成志さんの役柄は、“さっちゃん”こと幸子(鈴木杏樹)の恋の相手・烏丸(からすま)

幸子に会うために「花の里」に通い詰めているところを、ライバル・冠城亘(反町隆史)に知られて身元調査されます。

烏丸は実は元・暴力団員で傷害の前科持ちでしたが、20年以上前に足を洗ってプロボクサーとして活躍、引退後は肉体労働で汗を流しているとのこと。

幸子と烏丸が互いに意識しあっていることを察した亘は、二人の仲を取り持ちます。

池田成志さん演じる烏丸が何故、無関係であるはずの金融会社で、乱闘騒ぎを起こしたのかに注目が集まります。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする