稲川淳二の若い頃について。次男の死亡・死去の真相が気になる!

今回はタレントの稲川淳二(いながわ じゅんじ)さんの若い頃についてみていきましょう。

また、次男の死亡・死去の真相が気になったので調べてみました。

稲川淳二の若い頃の画像

出典:https://bokete.jp

怖い中にも温かみのある語り口で、数々の怪談話を世に知れ渡せた稲川淳二さん。

今の肩書は「怪談家」と「工業デザイナー」といいますから驚きですね。

あまり知られていないかもしれませんが、若い頃はお笑い芸人として活躍していました。

なんと稲川淳二さんが元祖リアクション芸人だったのです。

1976年4月より、ニッポン放送の深夜ラジオ『オールナイトニッポン』にて怖い話を披露し、人気を博します。

スポンサーリンク

稲川淳二さんはすでにこの頃から「リアクション芸」を披露していました。

出典:https://pixls.jp

また、稲川淳二さんの若い頃の画像を見てみると、実はイケメンだということがわかりました。

役所広司さんに似ているという意見もあるそうです。

稲川淳二には息子が2人いた!名前や画像について

稲川淳二さんは1977年に一般女性と結婚しています。

以前は奥さんとCMで共演したほどおしどり夫婦として知られていましたが、1990年のお正月から別居しているそうです。

奥さんは稲川淳二さんの事務所社長を務めていますが、現在はほとんど接触が無く、「給料を振り込むだけの間柄。」 だそうです。

そんな2人の間には、息子さんが2人誕生しています。

長男の名前は稲川貴洋!タレントや俳優として活動中?

出典:https://pixls.jp

長男はタレントや俳優として活動している稲川貴洋さんです。

現在は目立った活動はなく、出演している作品も不明でした。

次男の名前は稲川由輝!難病(クルーゾン病)を患っていた?

出典:http://yurumire.com

稲川淳二さんの次男は稲川由輝さん。一般人ですが、生まれつきの障がいを持っています

噂で「怪談話を仕事にするから、祟られて次男が障がいを持ってしまった」というのがありますが、時期が逆のように思います。

若いころから怖い話が得意でしたが、本格的な怪談ツアーがスタートしたのは次男が生まれてだいぶ経ってから。

お笑いをやめたのも次男が生まれた後で、怪談との関係があまり強くないのではないでしょうか。

引用:こいもうさぎのブログ

稲川由輝さんが患っていたのは難病(クルーゾン病)という頭蓋骨の形成異常だそうです。

「クルーゾン病(クルーゾン症候群)」ってどんな病気?

https://www.instagram.com/p/BavNQXIj16X/?utm_source=ig_web_copy_link

クルーゾン病は人によって症状が異なり、稲川由輝さんの場合は頭蓋骨の形が異常をきたし、視覚と聴覚と知能にも障がいがありました。

クルーゾン病は、先天性の頭蓋骨の形態異常で発話ができず、外見的には顔面の歪みや眼球突出などの特徴を持つ。

鼻咽腔発育不全による呼吸障害などを伴い、水頭症を合併することもある。

患者によって症状は異なり、稲川氏の次男の場合、視覚、聴覚、知能にも障害があった。

引用:週刊現代

2012年のインタビューでは、「我が子を手にかけようとさえ思った」「手術中に死んでくれたらいいのにと思った」とまで語っています。

次男が5歳のときに女房と別居しちゃってからは、彼とも接する機会はないです。

長男から聞くんだけど、次男は楽に生活してるらしい。

生活実習所には通ってるけど、世間(社会)には出てないから、上司にいじめられたとか、プレッシャーとかもない。

周りの人が優しくて思いやりがあるから、そこにいられるわけですよね。

世間を見ることはないだろうけども、それなりに幸せなら、それでいいんじゃないかな。

長く別居中とはいえ、離婚はしませんよ。子供たちがかわいそうでしょ。

引用:週刊現代

何度も手術が必要な病気で完治は難しいとされていますが、最近では3Dプリンター技術を応用した手法もあるそうです。

次男・稲川由輝は現在死去(死亡)。父・稲川淳二の独占告白が衝撃!

稲川由輝さんは2013年4月に病気の影響で亡くなっています

稲川淳二さんはかつて、次男について悲痛な胸の内を明かしています

次男の出生直後に医者が「稲川さん、実はまだ赤ん坊になってない」って言うんですよ。

「なんで?」って聞いたら、泣いてないと。

「泣いたら赤ん坊になるんですね」って念を押したら、そのうち泣いた。

ところが女房が「この子、少しおかしい。黒眼が上にあがっちゃって、白眼ばかりむいてる」って涙ぐんでる。

それであちこち医者に診てもらったんですが、「別に問題はない」って言われたんですよ。

ところが女房は「そんなはずはない。絶対これは問題がある」って言うもんですから、別の病院で診てもらったら、クルーゾン病だった

引用:週刊現代

そして生後4ヵ月で手術することになり、それまで稲川淳二さんは障害者差別なそしていませんでしたが、「なんで俺に?」と感じるようになりました

それまで私は、障害者との出会いはなかった。自分の周りに障害者はいないんだから。

やっぱり、どこかで〝自分とは別の世界の人たち〟と思ってたのかもしれないですね。

それまでは障害者を差別なんかしてなかった。自分はいい人だと思っていたから。

みんな、そうじゃない?障害者に同情してたんですよ

障害者を見たときに、手を握って道路を渡らせてあげようかなって気持ちはあったし、純粋にそう思えた自分がいたんですよ。

引用:週刊現代

稲川淳二さんはひどい自己嫌悪に陥り、このときからお笑いの仕事を辞めたそうです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする