石田ゆり子の若い頃ががっしりしてる?かわいいのはなぜ?秘訣は美肌と骨格か?

49歳という年齢には思えないほどかわいくて素敵な石田ゆり子さんですが、若いころもとても美人でした!

アラフィフの石田ゆり子さんが昔も今もきれいな理由や、彼女の美容方法についてまとめてみましたのでご紹介します!

石田ゆり子は若い頃から天使みたいにかわいかった!昔の秘蔵写真の公開!【画像あり】

今もとんでもなくかわいい石田ゆり子さん。

正直、「おばさん」と呼ぶのも躊躇してしまうほど、若々しくておキレイな方ですよね!

そんな石田ゆり子さんですので、若いころも今と変わらずキレイだったはず。

画像をいくつか見つけてきたのでご紹介しますね!

こちらは20歳のころの石田ゆり子さん。

今よりもちょっぴり気の強そうな目元に、若々しさを感じますね!

スポンサーリンク

今の面影がかなり残っていますね!

髪型やメイクのせいもありますが、今の方がむしろキレイにも思えます…!

若い頃の体格がかなりがっしりしてると話題!

身長は164cmと意外と高身長な石田ゆり子さんですが、体つきはかなり華奢な印象です。

しかし若いころはかなりがっしりしていたとか…!

こちらの画像をご覧ください。

なるほど!がっしりしていますね!

小学生のころは水泳で素晴らしい成績を収めているほど、スポーツ万能なのだとか。

こちらは顔のアップですが、今よりも面長に見えます。

衣装やメイクのせいもあるのでしょうが、なるほど確かにがっしりしていますね。

石田ゆり子は現在でもかわいすぎる!ここまでかわいいのはなぜ?石田ゆり子の美の秘訣に迫る!

石田ゆり子さんもまもなくアラフィフです。

しかしなぜこんなに天使のように美しいのでしょうか?

その理由について探ってみました!

美の秘訣①がっしりした骨格

上の方でも記述しましたが、石田ゆり子さんはスポーツ万能です。

そのため、かなりがっしりした骨格を持っています。

がっしりした骨格の下には、しっかりとした筋肉の土台があるもの。

中年をすぎるとお肉がたるんだり代謝が落ちたりと、太りやすくなります。

しかし石田ゆり子さんの場合はベースがしっかりしているので、代謝が同年代に比べ落ちづらく、細く女性的な体型をキープ!

これが美の秘訣の1つなのでしょう。

美の秘訣②美肌

キレイな肌は七難隠す、というように、美肌は美人の必須事項!

石田ゆり子さんは珠のように輝く肌をお持ちですが、生まれついてのものではありません。

以前に、高須クリニックの院長が「彼女はみずみずしい、相当気をつかって保湿ケアしてる」と言ってました。

女優さんだし注意はかなりされているのだと思いますね。

あの高須院長もお墨付きのお肌ですので、きちんと毎日のケアをしているのでしょう。

スポンサーリンク

石田ゆり子が実践している美肌ケア方法①洗顔は「ぬるま湯」で

石田ゆり子さんは朝の洗顔はぬるま湯で行うそう。

乾燥肌なので朝はぬるま湯で洗顔して、夜はクリームクレンジングを手で温めて、マッサージするように洗う。

どうやら洗顔フォームは使わないようですね。

皮膚より熱いお湯は必要な油分まで洗い流し、乾燥の原因となってしまいます。

汚れが心配な人もいるかと思いますが、夜の保湿をしっかりしておけば、皮膚の雑菌は繁殖しにくくなりますよ。

石田ゆり子が実践している美肌ケア方法②栄養を摂って、きちんと寝る

食べる・寝るをきちんと行うことで、体の内側から美肌効果を得ることができます。

美肌に大切なタンパク質、ビタミン、亜鉛や鉄、大豆イソフラボンなどを意識して摂取する。

納豆や青物、大豆やお魚やお肉などバランス良くとることが大切ですね!

石田ゆり子が実践している美肌ケア方法③酢・白湯・出汁を飲む

石田ゆり子さんはリンゴ酢をお水で割ったり、白湯を飲むことも多いそう。

白湯には内臓を温める効果があるうえ、肌の水分調節にも効果的。

寝る前や朝の起き抜けに飲むのがオススメですよ。

ちなみに出汁はきちんと昆布やカツオ節からとったものを冷蔵庫でストックしているとか。

石田ゆり子が実践している美肌ケア方法④身体の中から外から温める

疲れた時こそ、お風呂や白湯でとにかく体を温め、血行をよくするそう。

疲れがたまると肌がくすんでしまうため、なるべくその日の疲れはその日のうちに取っているのだとか。

石田ゆり子が実践している美肌ケア方法⑤姿勢をよくする

姿勢が悪いと、血行も悪くなりがち。

正しい姿勢をとることで痩せて若々しく見える効果もあります。

ちなみに石田ゆり子さんはピラティスで姿勢矯正を行なっているそうですよ。

石田ゆり子のかわいさは天然なところ!?

石田ゆり子さんがかわいいのは見た目はもちろんのこと、中身も男性のツボを押さえているといえます。

田ゆり子さんは、演出家の三谷幸喜さんから「会ったらトンチンカンな人だった」と言われるほどの天然さなんだそうですが、性格は、頑固、更に保守的、そして天邪鬼だそうで、太陽が沈むと家に速攻で戻り、自宅が大好きで、落ち込むときにはひたすら寝るというマイペースな人のようです。

天然頑固って…かわいくて守りたくなるパターンですね!

あまりにもマイペース過ぎるため、男性から誘われたのに意味が分からずスルーしたというエピソードもあるようです。

石田ゆり子さんは、天然と言われることは多いそうですが、その意味が分からないと言ってるそうですね。

天然といわれる意味がわからない=自分は天然だとは思っていない、ということでしょうね。

そういう人が天然というのですけどね笑。

石田ゆり子さんは天海祐希さんとの「スナックあけぼの橋」で、ちくわを焼けば焦がす、ビールを注げばほとんどが泡

そんなポンコツさ加減が、かわいいとされているようです。

ポンコツでもおばさんでもかわいければオールオッケー!

むしろそのポンコツさが放っておけない無邪気な雰囲気を作っているのでしょうね。

石田ゆり子さんについての記事は以上となります!

最後までありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする