石井一久の若い頃について。自宅住所・場所はどこ?港区の中古なの?

今回は元プロ野球選手の石井一久(いしい かずひさ)さんの若い頃や自宅についてみていきましょう。

石井一久の若い頃の画像が見てみたい!

元プロ野球投手の石井一久さんといえば、ヤクルト、西武、メジャーリーグ・ドジャース、メッツなど、どれも中心投手として活躍していました。

現在は野球解説者のほか、吉本興業の契約社員としても活動していますね。

現役時代は豪速球を武器に、制球難ながらも三振を次々と奪う粗削りさが持ち味でした。

その数字は、日米通算で22年プレーして524試合登板で182勝137敗と堂々たるものです。

主にプレーしたのはヤクルト時代ですが、メジャーリーグでの3シーズンを間に挟み、計12シーズンでの成績は、300試合登板し、1527と2/3回を投げて、98勝63敗セーブ。

奪三振数と与四球それぞれ、1610個と720個を記録しています

スポンサーリンク

現役時代の画像をみると、今の面影を残しつつも凛々しいですよね!

現役時代の全盛期の活躍・成績はそんなにすごかったの?

石井一久さんの特筆すべき快挙といえば、チーム日本一の1997年に達成したノーヒットノーランですね。

石井一久の持ち味がいかんなく発揮されたのは、14勝をマークした1998年のシーズンでしょう。

自己最多となる241奪三振で最多奪三振を獲得し、三振奪取率11.047と20暴投は、いずれもシーズン日本記録として残っています

変わっては、2002年から4シーズン在籍したメジャーリーグでの成績は、105試合登板、564回を投げて39勝34敗、435奪三振を記録しています。

2002年のドジャースでは14勝をマークしながらも与四球は106個を記録。

チームメイトだった野茂英雄も103与四球を記録し、2人でメジャー1・2位を独占しています。

このように輝かしい成績を残している石井一久さんは、若い世代からも羨望のまなざしで見られていることでしょう。

2008年から6シーズン在籍した埼玉西武では、119試合登板して45勝40敗、505奪三振を記録し、2012年には、自身初の無四球完封勝利もマークしました。

2013年シーズン限りで「時期的にそろそろかな」と現役引退を表明した石井一久。200勝へのこだわりは一切ありませんでした。

ちなみに石井一久さんの年俸は、ルーキー時700万円でスタートし、1994年には1200万円、1999年には1億円を突破していました。

メジャーリーグ在籍時は2億5000万~3億5000万円に上がっていました。

石井氏は現役時代、日本シリーズに滅法強い投手だった。

西武と対戦した97年の日本シリーズ第1戦では、当時の日本シリーズタイ記録となる12奪三振を奪い完封勝利。

01年、近鉄との日本シリーズでも第1戦に先発し、当時日本シーズン新記録となる55本塁打を放ったローズ、46本塁打132打点を挙げた中村紀洋がいる強力“いてまえ打線”を相手に8回を1安打12奪三振無失点に抑え勝利投手になった。

そんな石井一久さんの最愛の奥さんといえば、木佐彩子アナウンサー

奥さんの支えがあってこその、この成績だったのでしょう!

石井一久の自宅の住所(場所)はどこ?港区の中古という噂は本当?

40畳のトレーニングルーム↓

石井一久さんは以前、妻の木佐彩子アナウンサーとともに、「ダウンタウンなう」に出演しました。

スポンサーリンク

木佐彩子さんはフリーアナウンサーとして活躍していますが、旦那の石井一久氏は生涯年俸33億円とも言われています。

この年俸があったからこそこの豪邸セレブ生活が送ることができるんですね。

日本の自宅の場所は公開されていませんが、港区という情報が有力視されています。

テレビに映し出された家は、ホテルのような豪邸でした。

シアターも完備しております↓

リビングは40畳

https://twitter.com/softball0217_6/status/992388028642410497

ホント羨ましいです(*´Д`)

自宅の場所は広尾との噂もありますが、港区の可能性が大きそうです。

息子の幹太くんが青山学院の初等部に通っているので、自宅も近くにしているらしく・・・となると港区かな?と思われます。

中古という噂もありましたが、こちらの真相は不明でした。

自宅のインテリアが豪華すぎた!愛車・ロールスロイスはなんと3500万円!?

石井一久さん夫妻の豪邸は、リビングは40畳という広さで、愛車が広々としたガレージに格納されています。

中でも3,500万円もするロールスロイスゴーストが・・・これが愛車ってすごいですね。

広すぎるリビングにはホームシアターが完備されていおり、キッチンも広く、リビングを見渡せる対面型キッチンとなっています。

その桁違いの生活ぶりに木佐の親友・高嶋ちさ子が「金銭感覚がどんぶり過ぎる!」とダメ出しする中、「ストックルーム」と呼ばれる保管部屋が登場。

心配性な石井は、お茶のペットボトル192本やトイレットペーパー12ロール入り8袋、液体洗剤8本など大量の日用品を貯蔵してしまうといい、高島からは「小さなコストコ」と呼ばれていた。

さらに別の倉庫にはスーツケースとボストンバッグが18個、壊れた時のためにテレビの予備まであるという「ストックぐせ」を見せた。

極めつけは40畳のゴルフ部屋。ゴルフクラブが100本以上陳列されており、アプローチの練習などをするという。

自宅には監視カメラが数台設置されており、セキュリティーも万全のようです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする