石坂浩二の若い頃のイケメン画像まとめ!学歴や実家住所・性格について

今回は俳優・タレントの石坂浩二(いしざか こうじ)さんについてまとめてみました。

石坂浩二は若い頃からかっこよかった!イケメン画像を一挙大公開!

石坂浩二さんは俳優・タレントだけでなく、様々な仕事をマルチにこなす方です。

石坂浩二さんは、俳優・タレント・司会者・画家・作家・翻訳家・作詞家・ナレーターです。

ここまでくると、石坂さんの職業をひとことで表現できませんね。

現在でも知的でかっこいい”おじ様”といった感じの石坂さんですが、若い頃からかっこよかったみたいです。

石坂浩二さんのイケメン画像を一挙大公開していきたいと思います。

1967年、ドラマ『平四郎危機一発』より。

26歳くらいだと思われます。

スポンサーリンク

やはり、若い頃もかっこよかったですね。

1967年、石坂さんは演出家・浅利慶太さんのスカウトをきっかけに劇団四季へ入団しましたが、同年の『平四郎危機一発』の出演中に倒れ、胃潰瘍と診断されたことにより、劇団四季を退団しています。

劇団四季にいたわずか一年の間にミュージカルの台本・作詞を手掛けたこともあり、このころから既にマルチな才能を発揮していたそうです。

1969年の大河ドラマ『天と地と』で上杉謙信を演じる石坂さん(画像左側)。

近年のGACKTさんしかり、上杉謙信はイケメンが演じるものと相場が昔から決まっているのかもしれませんね。

1970年の映画『風の慕情』で主演を務めた石坂さん。

脚本は『渡る世間シリーズ』で有名な橋田寿賀子さんでした。

石坂浩二という名前にしたのは、まだ本名で芝居をやっているときにTBSのテレビプロデューサーだった石井ふく子さんに見いだされ、改名を勧められたのがきっかけだそうです。

橋田寿賀子さんと石井ふく子さんという、『渡る世間シリーズ』の黄金コンビとも関わりがあったんですね。

1970年のテレビドラマ『ありがとう』第一シリーズ(婦人警官編)より。

画像の左側が石坂さんです。

まさに好青年という感じがしますよね。

石坂さんは第三シリーズ(1974年)まで出演しました。

1974年、『必殺シリーズ』の第四作目である『暗闇仕留人』の糸井貢役のとき。

『金田一耕助シリーズ』より。

1976年の映画『犬神家の一族』で主演を務めています。

映画の金田一耕助としては7代目に当たるそうです。

元妻である、浅丘ルリ子さんとの2ショット

スポンサーリンク

こちらは1971年の結婚式の様子

こうしてみると、美男美女カップルというのがよくわかります。

明治のサイコロキャラメルのCMに出演する石坂さん。

タキシードにヒゲ姿がよく似合います。

石坂浩二の学歴は慶應系列だった!【小学校~大学まとめ】

元祖インテリ俳優』とも言われている石坂浩二さんですが、学歴もインテリを名乗るのにぴったりで、慶應系列出身です。

小学校~大学までご紹介します。

・田園調布小学校

・慶応義塾普通部(中学校)

・慶応義塾高等学校

・慶應義塾大学法学部法律学科

インテリを名乗るのにふさわしい、一点の曇りもない学歴ですね。

この学歴を見る限り、親や親族がすごいことは容易に想像できますね。

石坂浩二の実家の場所(住所)はどこ?家族構成も気になる!

石坂浩二さんの実家の場所はどこでしょうか?

学歴の項目でも触れましたが、実家は田園調布にあるそうです。

裕福な家庭で育ったのは間違いないと思いますが、そうなると家族構成も気になります

◇華麗なる石坂浩二さんの家族構成について

元横浜市長の平沼亮三さんが外祖父(母方の父親)

父親は食品・酒類の輸入販売メーカーとして有名な明治屋の重役

元ポニーキャニオン常務取締役で音楽プロデューサーの渡辺有三さんが従弟にあたる

元妻は女優の浅丘ルリ子さん

兄妹についてですが、定かではないものの、妹がいるという情報がありました。

ちなみにですが、浅丘ルリ子さんと結婚する前は、加賀まりこさんと交際していたようです。

しかも、加賀まりこさんが浅丘ルリ子さんを紹介したというから驚きです。

3人は2017年にドラマ『やすらぎの郷』で共演を果たしており、仲は良さそうです。

石坂浩二の性格についてもチェック!変わり者で毒舌キャラだったの?

石坂浩二さんの性格について、変わり者で毒舌キャラであるという話題を見かけることがあります。

性格についての話題がでるようになったのは、『なんでも鑑定団』を石坂さんが降板することになった騒動がきっかけのようです。

一連の騒動のなかで、石坂さんの性格についても色々言われたりしたようですが、これについては番組サイドと石坂さんサイドの両方に言い分があるようなので、どちらが正しいとは断定できないように思います。

ただ、調べていくと”石坂浩二さんが変わり者で毒舌キャラである”ということは間違いないようです。

石坂さんが毒舌であることは、島田紳助さんと木梨憲武さんがそれぞれの番組で語っています

変わり者については、石坂さんがプラモデルマニアである点、浅丘ルリ子さんと離婚後、わずか5日後に22歳年下の女性と再婚した点があげられます。

毒舌キャラなのは、頭がいい人によくみられる傾向だと思います。

変わり者なのも、あれだけの知識とマルチな才能を発揮することにつながっていると思いますので、良し悪しといったところではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする