賀来千香子の若い頃が可愛い!若い頃の経歴や活躍について

今回は女優・賀来千香子(かく ちかこ)さんの若い頃についてみていきましょう。

賀来千香子さんの若い頃が可愛いという情報や、当時の経歴や活躍についても調べてみました。

賀来千香子の若い頃が可愛い

賀来千香子さんは実力派女優として昔から活躍している方ですよね。

最近は人気俳優・賀来賢人さんの叔母であることでも話題を集めています。

現在も若々しくて美しいので、ある意味年齢不詳ですよね。

そんな賀来千香子さんは若い頃から綺麗なお嬢さんとして評判でした。

若い頃の画像を見てみると、綺麗なだけでなく上品さがあらわれていますよね!

スポンサーリンク

賀来千香子の若い頃:雑誌『JJ』のモデル

出典:賀来千香子の顔が不自然?目頭切開したってホント?

賀来千香子さんは高校3年生のときに原宿に遊びにいった際スカウトされます。

かわいさと上品さを兼ねそろえていた賀来千香子さんですが、スタイルも抜群で1日に7回もスカウトされるほどオーラをはなっていたそうです。

しかしお嬢様だったので両親が厳しく、芸能界入りは猛反対されました。

しかし賀来千香子さんは反対を押し切って短大時代に雑誌「JJ」のモデルとしてデビューします。

出典:賀来千香子の顔が不自然?目頭切開したってホント?

それから住友銀行、丸善石油のポスターでモデルを務め、1982年、21歳の時にドラマ「白き牡丹に」で女優デビューを果たします。

それ以降は「オサラバ坂に陽が昇る」「くれない族の反乱」「少女に何が起ったか」「ヤヌスの鏡」、そして「男女7人夏物語」とたくさんのドラマに出演しています。

賀来千香子の若い頃:『男女7人夏物語』

明石家さんまさんや大竹しのぶさんが出演したことでも有名な『男女7人夏物語』。

賀来千香子さんは初めて激しいキスシーンに挑戦するなど体当たりの演技を見せて話題になりました。

さらにそれを見ていた明石家さんまさんに“あの二人デキてんねん”とデマを言いふらされてしまったのだとか(笑)

しかし明石家さんまさんと賀来千香子さんは仲が良く、当時アルコールが飲めなかったさんまさんの飲み物にアルコールを混ぜるイタズラをしていたそうです。

そこまで共演者同士仲が良いからこそドラマが成功したのではないでしょうか。

賀来千香子の若い頃:『ずっとあなたが好きだった』

スポンサーリンク

1992年に放送されたドラマ「ずっとあなたが好きだった」に出演した賀来千香子さん。

佐野史郎さん演じる過保護な母親(野際陽子さん)の言いなりになっているマザコン男の妻・桂田美和役を演じ、一気に知名度を高めました。

このドラマは主役2人よりも佐野史郎さんの「冬彦さん」こと桂田冬彦のほうが話題になってしまいましたね。

この佐野史郎さんの怪演ぶりが大きな話題となり、ドラマはじわじわと視聴率をあげていって大ヒットとなりました。

佐野史郎さんのマザコンぶりを目の前にし、怒りで目を見開きワナワナ震える賀来千香子さんの演技はすごかったですね。

この演技が冬彦さんの異常ぶりをさらに際立たせていたと思います。

賀来千香子の若い頃の活躍

若い頃から大活躍していた賀来千香子さんは、1994年に俳優の宅麻伸さんと結婚しています。

2人の交際のきっかけは不明ですが、賀来千香子さんは宅間伸さんのクールで男らしいところに惹かれたそうです。

2人は業界内でもおしどり夫婦として有名で、2010年には「第3回プラチナ夫婦アワード」に選ばれていました。

しかし、そのわずか2年後の2012年2月に突如離婚を発表し、世間を驚かせます。

一部噂によると結婚当初から仮面夫婦だったそうで、結婚式前に宅間伸さんと交際していた女性が二股を掛けられていたと訴えます。

宅間伸さんはすぐさま謝罪会見を開き、賀来千香子さんも宅間伸さんを信じて結婚します。

しかし、新婚旅行に賀来千香子さんの母親も同行し、母親と2人で行動していたそうで、当初から結婚生活は危ぶまれていたみたいですね。

また賀来千香子さんは家事を一切しなかったという情報もあり、同じマンションで別室を借りる状態が長年続いていたそうです。

結婚当初から18年もの間そういう関係だったとしたら悲しいですね・・・

賀来千香子の若い頃と現在を比較

美男美女ぞろいの芸能界ですが、その中でも賀来千香子さんは老いをまったく感じさせませんよね。

その美しさは若い頃から変わっていません。

賀来千香子さんは都内有数の高級住宅街に実家があるお嬢様として生まれました。

名門女子美術大学付属校にて国内唯一の美術大学付属校の私立女子美術大学付属中学校・高等学校に進学しています。

その後女子美術短期大学に入学し、在学中にモデルデビューしています。

いつまでも若々しくて綺麗なのですが、実はすでに50歳を超えているのです。

しかし日々の努力のおかげで体内年齢は25歳と診断されるほど健康美をキープしています。

体幹を鍛えるためにダンベルとバランスボールを毎日やったりと運動は欠かしません。

1kgのダンベルを持って腕を伸ばして開閉したり、スクワットをするそうです。

もちろん食事にも気を使っており、野菜や果物、豆腐や納豆を意識して採っているそうです。

この美しさは本人の努力のたまものなんですね

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする