桑田佳祐の若い頃の画像!知られざる噂と秘密情報9選

今回はサザンオールスターズ・桑田佳祐(くわた けいすけ)さんの若い頃についてみていきましょう。

また、桑田佳祐さんの若い頃の知られざる噂と秘密情報9選についても調べてみました。

桑田佳祐の若い頃の画像

https://twitter.com/maxgranblue/status/1102360518327595014

青山学院大学在学中からバンド活動を行い、サザンオールスターズとしてデビューした桑田佳祐さん。

1987年からはソロ活動を開始し、バンド・ソロともに爆発的ヒットを記録します。

デビュー曲「勝手にシンドバッド」からいきなりブレイクした桑田佳祐さん。

若い頃の画像を見てみると、今とあまり変わらないですね!

桑田佳祐の秘密を大発表

日本を代表するミュージシャンである桑田佳祐さん。

60代であることをまったく感じさせないパワフルな歌唱力で、数々の作品を世に生み出した伝説のアーティストといえますね。

そこで、そんな桑田佳祐さんの知られざるエピソードや秘密情報を、厳選して紹介したいとおもいます。

歌詞の字幕の先駆けは桑田佳祐

歌番組でミュージシャンが歌唱する際、画面下に歌詞が字幕で表示されますよね。

今ではそれが当たり前となっていますが、実はこの「歌詞テロップ」を作ったのが桑田佳祐さんがきっかけでした。

桑田佳祐さんの早口で特徴的な歌唱法は、テレビを見ている視聴者からついていけず、「歌詞がわからない」と苦情が殺到したそうです。

その苦情に対応するため、テレビ局が歌番組で歌詞を表示させるようになりました。

結婚式に3000人のファンを招待した

ファンサービスに熱いことで知られる桑田佳祐さん。

1982年にバンドメンバーの原由子さんと結婚披露宴をおこなった際、会場には3000人ものファンを招待しました。

婚約発表も記者会見ではなくコンサートツアー中にファンの前で行っています。

披露宴は東京プリンスホテルで開催され、タモリさんや田代まさしさんなど著名人も多く駆けつけて大いに盛り上がりました。

ファンからは7.7メートルのウェディングケーキやくす玉がプレゼントされ、ファンと一体になって豪華な披露宴となったようです。

ファンレターには返信をしている

桑田佳祐さんをはじめ、サザンオールスターズはとてもファンを大切にしています。

マネージャーが言うには、ファンレターはすべてメンバー全員が目を通しており、返信ハガキが同封されていたものは返信を書いているのだとか。

桑田佳祐さんほどの大物がファンレターに返信するなんて、すごいことですよね!

いとしの「エリー」は誰のこと?

https://twitter.com/6WGnV7sJ239Yqm6/status/1129221289132974080

サザンの中でも伝説の名曲「いとしのエリー」。

この歌の「エリー」は、桑田佳祐さんの姉・岩本えり子さんがモデルだそうです。

2人はとても仲がよく、桑田佳祐さんはえり子さんが聞いていた音楽に強い影響を受けています。

両親が映画館を経営していて多忙だったため、えり子さんが母親代わりの存在だったのだとか。

そんなえり子さんが結婚を機に渡米することとなり、姉を思って作った曲が「いとしのエリー」でした。

意外にも?放送禁止になったのは一曲だけ

サザンオールスターズの楽曲には、少々アダルトな歌詞やパフォーマンスが含まれていることがありますよね。

しかし意外にも放送禁止処分をうけた曲は無いそうです。

放送禁止ギリギリのラインを狙っているのでは?と思えるほど、ひとつも放送禁止になっていません。

しかし、桑田佳祐さんが作詞作曲を務めた原由子さんのソロデビュー曲「I Love Youはひとりごと」は、歌詞の一部がまずかったようで放送禁止となりました。

これを受けてサザンのメンバーとスタッフの男性陣が女装をし、原宿のホコ天で抗議デモをしました。

さらにはビクタービル屋上にて抗議のゲリラライブを行い、警察が出動する大騒ぎになってしまいました。

平井堅は桑田佳祐に弟子入りを熱望していた

桑田佳祐さんから大きな影響を受けたという平井堅さん。

大学時代、桑田佳祐さんの自宅前にメッセージを入れたデモテープを置いていったとか。

その中には「コーラスでいいので雇ってください」というメッセージと、プロコル・ハルム『青い影』、ビリー・ジョエル『ニューヨークの想い』の2曲を収録していたそうです。

残念ながらそのテープがきっかけで繋がることはありませんでしたが、平井さんと桑田さんは2003年にテレビ番組「FNS27時間テレビ みんなのうた」で共演を果たし、平井さんは「栞のテーマ」でコーラスを担当して夢を叶えました。

引用:livedoorニュース

もし本当に弟子入りしてたらどうなっていたんでしょうね・・・!

無名時代のゆずとセッション

国民的フォークデュオ・ゆずは、メジャーデビュー前路上ライブで活動をしていました。

そんな無名時代のゆずが、大ファンである桑田佳祐さんのラジオ番組に「桑田さんとセッションがしたいです」と手紙を送ります。

するとなんと後日、本当にゆずの路上ライブに桑田佳祐さんが現れ、3人でセッションしたそうです!

エリンギを世間に広めた

誰もが知っている食材のエリンギですが、実は日本で有名にしたのが桑田佳祐さんです。

「ミュージックステーション」に出演した際にエリンギをポケットから取り出し、「今ハマっています」と話したことがきっかけでした。

その後エリンギの出荷量が一気に10倍になったそうで、エリンギゴッドと呼ばれています。

ドリフターズのメンバーになりかけた

デビュー直後のサザンオールスターズは、コミックバンドとして認識されることも有りました。

8時だョ!全員集合」にも出演しており、高木ブーさんが脱退を希望した際には代役として桑田佳祐さんが候補に上がりました。

実際にいかりや長介さんと面談も行われたらしく、もしかしたらドリフデビューしていたかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする