Lilicoの若い頃の画像!ホームレスとの噂や日本での下積み生活を紹介

今回はタレント・Lilicoさんの若い頃についてみていきましょう。

また、Lilicoさんの若い頃がホームレスとの噂や日本での下積み生活を紹介したいと思います。

Lilicoの若い頃の画像

スポンサーリンク

Lilicoさんといえば、王様のブランチで映画のコメンテイターをしているのが有名ですよね。

そんなLiLiCoさんはスウェーデン人の父と日本人の母を持つハーフだそうです。

最近はすっかりタレントとして定着していますが、若い頃はどのような見た目をしていたのでしょうか?

LiLiCoの48年前の写真

出典:シネマトゥデイ

LiLiCoさんは自身の誕生日にブログを更新、両親や生まれた当時の自分の写真を公開したことがありました。

16日13時にアップした「ハッピ~バースデートゥミ~!」と題したブログ記事で、父親と母親それぞれの写真を掲載した彼女は、「母のメモが残っていて15:10に産まれたらしい」と出生時間を明かし、「44年前の今頃、母は苦しかったでしょうね」と母親についても触れている。

また「そして産まれたのはこちら」と赤ちゃんのときのLiLiCoの写真も公開し、「数ヶ月経ってやっと笑ったり」「でもやっぱりボーとしたり」「驚いたり」と成長していく過程も次々と披露。

その中には赤ちゃんのLiLiCoを、優しいまなざしで見つめている彼女の父親の姿も確認することもできる。

引用:シネマトゥデイ

赤ちゃんのときのLiLiCoさん、とっても可愛いですよね!

Lilicoの中学時代の画像

出典:geinoucaplog

LiLiCoさんの出身中学校は、スウェーデンにあるメーラルヘイデン中学校だそうです。

2011年5月28日放送「さんま&くりぃむの第9回芸能界 マル秘 個人情報グランプリ」にて公開していました!

Lilicoの若い頃はホームレスだった?

スウェーデンでは生活が貧しく、LiLiCoさんは稼ぐためにアイドルを目指し、18歳の時に日本へ向かいます。

21歳の時に独立しましたが、一緒に経営していた人がお金を持ち逃げしてしまい、そこから5年間ホームレスとなって車中生活する日々を送りました。

お風呂は公園の水道で済ませたりと過酷なものでしたが、その生活自体はまったく苦しくなかったといいます。

5年間もホームレス生活が続き、その環境に慣れてしまったのでしょうね。

LiLiCoの母親は精神疾患の壮絶過去

https://twitter.com/ameba_official/status/1126045185727537152

LiLiCoさんは以前インタビューにて、幼少期の家庭崩壊について語っていました。

日本で売れるようになってからも、波乱万丈な生活が待っていたようです。

LiLICoさんは幼少の頃に両親が離婚し、母親からは、『あなたを生んだ覚えはない』と虐げられ、日本語も分らぬまま、日本で歌手になりたいという夢をおい続け来日しました。

お金がなく、ホームレス生活を送っていた日々でも笑ってポジティブにすごしていたようです。

母親からLiLiCo さんに対する扱いのわけには、精神病を抱えていたからだそうです。

人格障害を伴い精神がおかしくなり、統合失調症にまでなってしまったそうです。

スポンサーリンク

引用:oitachi-ima

LiLiCoさんが売れ始め、テレビに出演することが多くなってくると、頻繁に母親から連絡があり、『死にたい』などの自殺願望の電話やメールが来るようになりました。

仕事が波にのっているときに母親の事で悩まされ、足を引っ張られたと語っています。

しかし、自分の母親だからとつき離す事はできなかったのでしょうね。

どんどん母親の精神疾患による行動はエスカレートしていきますが、LiLiCoさんにはどうしよもできなかったと涙ながらに話していたようです。

LiLiCoの日本での下積み生活も壮絶

LiLiCoさんは日本語もわからない状態で来日したので、かなり苦労をしています。

売れるまでホームレス生活をするほどお金がなく、つら日々だったようですね。

しかし、LiLiCoさんは夢のためならこの生活ぐらい何ともない!と毎日ポジティブでいたそうです。

このような考えからがにじみ出ているので、LiLiCoさんは明るく強く逞しいイメージがありますよね!

Lilicoのポジティブの考え方

Lilicoさんのポジティブさの源ですが、日本の祖母の教えがあるようです。

祖母の「1日1個は勉強しましょう」という言葉をもとに、生きていく上での糧としました。

Lilicoさんはとにかく勉強!と、テレビとカラオケで日本語を覚えていきました。

30歳の時に王様のブランチにて映画コメンテンターの仕事につき、それがきっかけでブレイクします。

そんなLilicoさんの仕事に対する考え方ですが、どんな仕事も自分のためになる!努力なしで仕事はしたくない!というものでした。

若い頃に苦労しないと、なかなかこのような考え方はできないので、「若い時の苦労は買ってでもしろ」という言葉は的を得ているかもしれませんね。

夢を叶える為であれば、どんな辛い思いをしても問題ないと話しています。

そのため、5年間のホームレス生活が辛くなかったそうです。

引用:okanenokyuukyuusha

Lilicoさんは将来的に世界で活躍したいと考えているそうなので、今後も応援したいですね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする