ミッキーカーチスの若い頃がかっこいい!現在の活動やタトゥー画像まとめ!

俳優・ミュージシャンとして活躍されているミッキーカーチスさん。

彼の若いころについて、調べてみました!

ミッキーカーチスの若い頃がかっこいいと話題に!【画像あり】

ドラマなどで時々おじいさん役で見かけるミッチーカーチスさん。

今でもかっこいいロックじいさんですが、若いころはとんでもないかっこよさでした!

画像をご紹介します。

映画「ヘアスプレー」に出てきそうな、キュートでおしゃれな60年代風イケメンです!

ハーフっぽい顔立ちですね!

スポンサーリンク

それもそのはず、ミッキーカーチスさんは両親ともにイギリスと日本のハーフ。

両親もハーフですので本人もハーフです。

もはやそれはハーフなのかな…?当時は混血児ということで「非国民」といじめもうけたそうですね。

プロデューサーの才能あり!若い頃は矢沢永吉を世に送り出していた!

ミッキーさんはミュージシャンとして当時大活躍をしていました。

そこでたまたま見つけた原石が、あの矢沢永吉さんです。

1972年10月1日、ミッキーさんが、自宅で、音楽番組「リブ・ヤング」を見ていると、当時、まだ無名の、新人バンドキャロル」が登場。

ミッキーさんは、彼らの演奏に、衝撃を受けると同時に、「これだ!」と直感したそうで、生放送中にも関わらず、番組プロデューサーに、「レコーディングしたいから、彼らを(先約がかかる前に)押さえておいて欲しい。」と伝えたのだそうです。

ちなみにこの時、内田裕也さんが一歩早くキャロルを抑えたそう。

しかしよりデビューの話が具体的だったミッキーさんを、矢沢さんは選んだそうです。

ミッキーさんは、当時をこう語っていました。

すぐにテレビ局に電話して、矢沢と話し、翌日会った。

矢沢の魅力は何といっても色気。これに尽きる。

矢沢は「金持ちになりたい」っていった。

このギラギラした目と、醸し出される色気にゾクゾクしたよね。

「金持ちになりたい」、ストレートな表現で矢沢さんらしい発言でした。

矢沢さんの色気は現在も健在です。

ミッキーカーチスがプロデュースした「キャロル」も人気爆発し社会現象に!!!

その後、キャロルは言わずと知れた日本一のロックバンドになります!

そして、番組出演後、わずか10日後に、「日本フォノグラム」(現在のユニバーサルミュージック)と、専属契約を結んだ「キャロル」は、ミッキーさんプロデュースのもと、12月25日にデビューすると、人気爆発!

社会現象になるほどの、ブームを巻き起こしたのでした。

ミッキーさんは、キャロルの魅力をこう語っています。

昔、オレ達がやってた時は、楽器ひけるヤツも少なかったし、英語はメチャクチャ、かっこばかりのロックン・ローラーだったけど、キャロルは違うんだ。

曲は全部自分達で書くし、楽器はやるし、何といってもリズムのノリが違うよ。

日本もここまできたのかと正直、驚いているんだ。

なるほど〜矢沢さんが出てくるまでは、みんなゴールデンボンバー状態だったのですね!

とにかくキャロルは爆発的大ヒット、矢沢永吉の名は日本中に知れ渡るようになります。

今でも矢沢さんの歌は、聞いててかっこいいなと思うものが多いです。

ファンキー・モンキー・ベイビーとか今聞いてもおしゃれですよね。

スポンサーリンク

世代を超えて愛されるってすごいことです…!

矢沢永吉との間に確執が発生!?いったい何があったのか?

しかしその後、キャロルとミッキーさんの関係は疎遠に…。

確執があった、とか言われていますが、真相はこうでした。

日本フォノグラムからキャロルがデビューする為の契約が、キャロルにとって不当だったと、矢沢さんは著書で言ってます。

当時は不当な契約は当たり前だったそうです。

それを「不当だ」と言い、今日のアーチストの利権を確保された矢沢さんの功績はすごいです。

不当な契約が元でミッキーカーチスはプロデュース契約解除。

矢沢さんと当然疎遠になります。

また、デビュー時は、4年契約だったので、2年半で解散時に、矢沢さんは日本フォノグラムに対して「違約金」を支払います。

その違約金はCBS SONY が立て替えた話は有名です。

ミッキーさんが何かをした、というよりも会社とキャロルの衝突、といった感じのようです。

ちなみにこの時のことを、未だに矢沢さんは恨み骨髄状態だとか。

ミッキーカーチスは現在タイに移住。カフェを経営していた!

現在、ミッキーさんはタイに住んでいます。

ミッキー・カーチスさんは現在タイのプーケットに移住しています。

嫁と愛犬と供にタイに移住したのは2016年3月。

タイに移住することになったきっかけは、嫁とのタイ旅行。

ミッキー・カーチスさんは1966年頃バンドを結成し、1年間タイで演奏活動していたことがあるそうで、それを思い出しての嫁とのタイ旅行だったようですが、タイに来てみて、改めてタイに魅了されたそうです。

タイではカフェ経営をして、楽しく過ごしているそうです。

カフェ経営はわからないことだらけで大変だそうですが、挑戦への喜びを噛み締めているようです。

本当にいくつになっても前向きで素敵な方ですね…!

芸能界での仕事は続けてるの?

ちなみに日本での芸能界での仕事は引退したわけではないそう。

今後は仕事があれば日本に来て、終わればタイへ戻る生活を続けていくのだとか。

人間、何かを始めるのに遅すぎるということはない…といいますが、ミッキーさんを見ていると、本当にそうだなと思います。

ミッキーカーチスのタトゥー(入れ墨)が話題に!60歳にしてタトゥーを入れた理由は「若気の至り」?

ミッキーさん、実は60歳すぎてからタトゥーを入れたそう!

こちらがそのタトゥーです。

ちょっとよく見えないですが、左腕に入っているそう。

その理由を下記のように語っています。

64歳ぐらいの時、「若気の至り」で左腕に入れたんだよ。

もうこの年だし、いいんじゃないのって。

痛くないかって聞かれるけど、チクチク気持ちいいだけ。歯医者に比べれば全然痛くないよ、あんなもん。

60代の肌でもタトゥーっていれられるんですね〜驚き!

今まで入れなかった理由は

入れたくなったこともあったけど、アイドルだったからね、一応。

意外にも大人な理由!

俺はロックだぜ!ルールには縛られないぜ!と暴走して入れなかったあたり、ミッキーさんの人柄を感じさせます。

ちなみに柄については…

スカルの上にカラスが止まっている柄。

「野ざらし」っていう落語のネタが元になってるの。

ドクロの近くからカラスがパーッと飛び立つ場面があるんだ。

子どものころから海賊にあこがれてて、スカルが好きだったっていうのもあるし。

上がカラスで下がスカル。

ロックをやってる時、Tシャツ姿だと下のスカルの部分だけが見えるのよ。

で、落語の時は楽屋で着物に着替えるじゃない?

そうすると和彫り風になっている上のカラスの部分も見えて、落語の人は「あ、野ざらしだ」ってわかるわけ。

ミッキーさんは落語家としても活躍しているので、ロックと落語の融合を取り入れた模様なのですね〜!

スカルとカラスってベタだな〜と思いましたが、こういう理由なら納得。

ミッキーカーチスさんの記事については以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする