大沢たかおの若い頃と現在を比較!昔はモデルとして活躍!

大河ドラマや映画などに引っ張りだこの俳優・大沢たかおさんは、かつてモデルとして活躍を見せていました。

しかし最近は、『太った、老けた』などという声も上がっているようです。

今回は、大沢たかおさんの若い頃と現在を比較しながらモデルとして活躍していた時代についてまとめていきたいと思います。

 

大沢たかおの若い頃について

出典:https://access01.com

大沢たかおさんは、1968年3月11日生まれ。

現在(2020年1月)の年齢は、51歳になります。

大沢たかおさんは東京都出身で専修大学附属高等学校という男子校に通っており、ロックバンドに熱中していました。

ベースを担当しており、ライブハウスなどにも出演していたのだとか。

スポンサーリンク

出典:https://matome.naver.jp

高校卒業後は、専修大学の経済学部に進学。

大学在学中にスカウトを受け、モデルとしての活動をしながらボクシングにも励んでいたと言います。

音楽も運動も出来るモデル、絶対モテていたでしょうね。

 

大沢たかおの若い頃の画像

出典:https://news-swallow.com

そしてこれがモデルをしていた頃の写真になります。

とても若いですよね。

現在と違って、初々しさが感じられます。

出典:https://koimousagi.com

続いて、上の画像はかなりさかのぼって高校生の頃。

友人とバンドを組んで、ベースを担当していた頃の画像になります。

イケメンというよりかは、笑顔が可愛くてみんなから愛されるようなお顔ですね!

 

大沢たかおは「MEN’S NON-NO」やパリコレのモデルとして活動

出典:https://koimousagi.com

そして、1987年、大学在学中にスカウトされモデルとしての活動を開始。

男性ファッション雑誌『MEN’S NON-NO』やパリコレなどで活躍しました。

パリコレに出演するきっかけは、21歳の時。

「パリコレに出たらかっこいい!」との理由でパリコレのためにフランスに渡り、20~30ものオーディションに挑戦。

唯一受かったブランドが『ヨウジヤマモト』でした。

そして、パリコレ初出演を果たしています。

 

大沢たかおがモデルを辞めた理由

出典:https://otocoto.jp

パリコレにも出演した大沢たかおさんでしたが、モデル業を突然辞めてしまいます。

その理由について大沢たかおさんは、「周囲のスタッフや編集の方々にお膳立てしてもらうだけの毎日で、自分は何も努力していない。それなのに、一流の服を着て、海外の名所に行き、すばらしいホテルに泊まり、極上の料理を食べさせてもらっている。

ああ、甘いところにいさせてもらっているなあ、でも、いつまでこれを続けていくんだ?メンズノンノに拾われて夢みたいな生活を送っていたけれど、ここで一度、メンズノンノの看板を外して、身ひとつで自分はどれだけ通用するかを試さないと、ダメな時期に来ているんじゃないか。それで即決したんです。辞めようって。」と明かしています。

スポンサーリンク

出典:https://www.msn.com

これが大沢たかおさんの凄いところですよね。

メンズノンノという看板を自ら外し、未知の世界での挑戦を始めたわけです。

即決できる大沢たかおさん、とてもかっこいいです。

 

大沢たかおが俳優へ転身した理由

出典:https://milkpan.link

モデルを辞め、1年ほどは放浪していたという大沢たかおさん。

モデル時代に所属していた事務所の人に「何もしていないなら俳優をやってみないか」といわれ、俳優に転身しています。

出典:https://www.cinematoday.jp

しかし、当時はモデル業に誇りを持っていたため、俳優業に無関心。

それでも1994年から俳優として活動を始め、同年に放送されたドラマ『君といた夏』や翌年の『星の金貨』で大きな注目を集めました。

 

大沢たかおの若い頃の出演作

出典:https://japaneseclass.jp

大沢たかおさんは、1995年12月9日に公開された映画『ゲレンデがとけるほど恋したい。』に出演。

歌手の広瀬香美さんが歌う『ゲレンデがとけるほど恋したい』とともに大ヒットし、日本でのスキーブーム再来のきっかけとなりました。

そして後に、広瀬香美さんとは結婚。

しかし約7年の結婚生活を経て協議離婚となりました。

出典:https://www.cinematoday.jp

その後、1999年10月15日より放送されたドラマ『美しい人』に出演。

2009年10月11日より放送された『JIN-仁-』は、2シリーズに渡って放送されるなど、話題となった作品です。

また、2005年には、映画『解夏(げげ)』で第28回日本アカデミー賞優秀主演男優賞、2007年には『地下鉄(メトロ)に乗って』で第30回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞しています。

 

大沢たかおの若い頃と現在を比較

出典:https://access01.com

こちらの画像は2020年1月14日に行われたジャパンプレミアでの様子になります。

ネット上では「大沢たかおが老けたし太ったし別人だ!大沢たかお、どうしたの?太った?」などという声が多く見られます。

確かに、ご紹介した若い頃の画像と比較してみると、顔周りがふっくらしていますよね。

出典:https://news-swallow.com

実は、太った理由は“役作り”の為だったんです。

大沢たかおさんは『キングダム』で王騎という役を演じています。

上の画像の左側が原作の王騎。

筋肉が凄く、フェイスラインもふっくらしています。

この役作りのために、70キロであった体重を90キロ、約15キロほどの体重増量を行ったということでした。

いかがでしたでしょうか。

モデルを辞めた理由や役作りのための努力などから、魅力を感じました。

今後も大沢たかおさんの活躍を期待しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)