高橋真梨子の若い頃の活躍や過去にトラウマが!高島礼子に似てる?

今回は歌手・高橋真梨子さんの若い頃についてみていきましょう。

高橋真梨子さんの若い頃の活躍や過去にトラウマがあったという情報がありますが本当でしょうか。

また、高島礼子に似ているといわれた件についても調べてみました。

高橋真梨子の若い頃について

高橋真梨子さんは「ペドロ&カプリシャス」で活躍したのちに脱退し、ソロ歌手として活動を始めました。

1982年に発表したシングル「for you…」は「第11回東京音楽祭」で金賞を獲得し、多くのアーティストがカバーする名曲ですね。

そのほかにも「桃色吐息」「はがゆい唇」「遙かな人へ」など数々のヒット曲を世に送り出しています。

また、高橋真梨子さん自ら作詞を手掛、名実ともに実力派女性歌手として有名ですね。

スポンサーリンク

高橋真梨子の過去にトラウマ

高橋真梨子さんは幼少期に母親とのトラウマがありました

父親の月夫氏は病弱で、高額な治療費がかかり、家計は火の車でした。

母親の千寿子さんは中洲のキャバクラで働き、父親の治療費と生活費を稼いでいたそうです。

その後両親は離婚し、父親が広島へ帰ると母親はよりいっそう働きづめで家に帰ってこなくなり、高橋真梨子さんは近所の子供と一緒に寝ていたそうです。

そんな家庭環境もあってか、高橋真梨子さんの幼少期は人見知りで人前に出るようなタイプとはいえなかったそうです。

次第に母親が見知らぬ男性を家に連れてくるようになり、そこから母親に対する不信感がうまれたそうです。

連れてくる男性はろくでもない人間ばかりで、母親に暴力をふるいますがその男性がいないと生きていけないと必死だったそうです。

高橋真梨子さんは家庭に居場所をなくし、学校の先生も心配するほどの元気のない学生だったそうです。

そんなつらい日々の中で高橋真梨子さんを支えていたのが『歌』でした

歌が好きだった父親の影響から音楽に慣れ親しみ、嫌なことを全て忘れることができて、「将来は歌手になりたい」という夢を抱くようになります。

高橋真梨子さんは反抗して学校で度々問題を起こすようになってしまいますが、学校へ迎えに着た母親の顔はあざだらけで、周りに見られるのが嫌だったそうです。

このときのトラウマは今でも思い出すことがあるそうです。

高橋真梨子の芸能界デビューのきっかけ

両親の離婚後、高橋真梨子さんは広島市内で1人で暮らしている父親を訪れます。

母親と違って父親には何でも話すことができた高橋真梨子さんは、歌手になりたいという夢も打ちあけました。

父親は歌手をやることは賛成しましたが、芸能界に入ることは反対したそうです

父親の死後、高橋真梨子さんは博多に戻り、父親の元バンド仲間にレッスンを受けました

高橋真梨子さんはすぐに歌の才能を開花させ、だんだん博多に歌の上手い子がいると噂になります。

そして東京の大手芸能プロダクションからスカウトされ、スクールメイツメンバーとして芸能界デビューを果たします

スポンサーリンク

当初父の教えもありデビューを拒否していた高橋真梨子さんですが、母親は強く勧めてきたそうです。

グループ活動が苦手かつ踊るのが嫌だった高橋真梨子さんは、3年でスクールメイツを辞めて博多に戻ってきました。

博多ではジャズを歌いながらクラブを回る日々をすごし、東京からのスカウト断り続けます。

そんな中、ボーカルが失踪して困っていたペドロ&カブリシャスに加入し、1年契約でデビューします。

このときスカウトしてきたのが、後に夫となるヘンリー広瀬さんです

高橋真梨子の若い頃の活躍

その後 『ジョニィへの伝言』『五番街のマリーへ』などヒット作を生み出し、1974年には紅白歌合戦に初出場を果たします

1978年からソロ活動をスタートし、『あなたの空を跳びたい』 『for you・・・』『桃色吐息』『はがゆい唇』『遥かな人へ』『ごめんね』など多くのヒット作を世に送り出しました。

高橋真梨子さんが歌手として成功したあとも、母親は男性と生活を続けていたそうです。

高橋真梨子の若い頃は高島礼子に似てる?

出典:女優・高島礼子さん 父の介護を15年 終活は家族の話し合いから

高橋真梨子さんの若い頃ですが、女優の高島礼子に似ているといわれているようです

たしかに画像を見てみると少し雰囲気が似ていますね!

高橋真梨子の現在と若い頃を比較

高橋真梨子さんは2016年12月31日に女性最年長アーティストとして第67回NHK紅白歌合戦へ出演していました。

久しぶりにメディアに出演した高橋真梨子さんですが、その激やせした様子に多くのファンが体調を心配しています。

芸能生活50周年を迎え、高齢な高橋真梨子さんですが、その歌声は健在で、多くのファンが魅了されていました。

この紅白出演により多くの方が高橋真梨子さんの存在を再認識したと思いますが、その激やせぶりに驚いたと思います。

2013年にテレビ出演したときより明らかに痩せていたようですが、夫・ヘンリー広瀬さんがいうには「ベスト体重は41キロ」で、そこから7キロも激やせしています。

出典:高橋真梨子が激やせで体重33kg以下!金スマで告白したその理由とは?

体重が落ちて体力がどんどんなくなっていき、現在の体重は33キロ以下ともいわれています

本人も、筋肉がないためいつも氷水の中に足をつけてるように感じると語っています。

コンサート終了後は常に誰かの支えがないと立っていられないほどで、体調が良い日は年に2回ほどしかないそうです。

原因はさまざまですが、幼少期のトラウマが更年期で一気によみがえってきて、うつ病を発症したことも大きいようです。

昔と比較するとかなりやせてしまった高橋真梨子さんですが、これからも無理せずその美しい歌声を届けていってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする