八千草薫の若い頃・昔のかわいい画像まとめ!現在死去の噂は本当なの?

女優として活躍し続ける八千草薫さん。

現在もお美しくオーラーが凄まじい方ですが、昔はこの世のものとは思えない美貌だったとか。

彼女の詳細や噂について、調べてみました!

八千草薫のプロフィール

本名:谷口 瞳(たにぐち ひとみ)
旧姓:松田 瞳(まつだ ひとみ)
生年月日:1931年(昭和6年)1月6日
出身地;大阪府

出身校:プール女学院から1947年宝塚歌劇団へ

愛称はヒトミ、ヒトミちゃん(本名に由来)

公称身長:154cm

1957年5月31日宝塚を退団

現在88歳にもなる八千草さん。

スポンサーリンク

しかしその外見はとても88歳とは思えないほど、美しく、自然体。

彼女の美貌に、老若男女ためいきをついてしまうほどなのです!

元宝塚・八千草薫の若い頃(昔)がかわいい!【画像あり】

今でもお美しい八千草さんですが、若い頃はそれはもう宝石みたいに美しい方でした。

こちらがその画像です。

すっごいオーラ…!

神秘的な美しさですね!

はにかんだ笑顔には親しみも持てます。

本当にかわいらしくて可憐な方です。

こんな方ならとても素敵な男性に愛され、お姫様のような暮らしができるのでは…と思うのですが、現実はそうも甘くなかったようです。

八千草薫の夫は谷口千吉!略奪婚だった!?

八千草さんの旦那さんは谷口千吉さん。

黒澤明監督のライバル、とまでいわれていた映画監督さんです。

実は谷口さん、八千草さんと知り合った時はもうすでに結婚していたそう。

映画「続 青い山脈」で丸眼鏡の女子高生役で人気だった女優の若山セツ子(1929年6月7日~1985年5月9日)は、1949年に谷口千吉と結婚します。

ですが八千草さんの気持ちは止まらず。

若山さんとのバトルの末に谷口さんを見事略奪!

離婚させたのが、八千草薫さんだと言われています。

谷口千吉さんが離婚して、再婚するまでの期間が短いのが大きな理由のようです。

八千草薫さんが当時妻だった、若山セツ子さんに何度も電話をした、などの噂もありました。

この噂の出所がどこかはわかりませんが、本当ならかなりの悪女…!

さらにこんな話も。

大変残念なのが、若山さんは、調布の病院で縊死され、その時、八千草薫さんは、「身から出た錆」と言ったとか。

ちょっと絶句。

年代が全然違うので、真意はわかりませんけど、世の中、キレイ事ばかりじゃないです。

上品に取り繕っているだけで、ドロドロした人なんて、いくらでもいます。

…本当なのでしょうか。

八千草さんがそんな言葉を死んだ人に浴びせるって、ちょっと想像つかないですね。

スポンサーリンク

元宝塚・八千草薫が死去したという噂はデマ!現在も女優として活動中!

八千草さんにも、「死亡説」の噂が出ているようです。

しかしこれは全くのデマ!

八千草さんは今でも舞台を中心に、女優として活躍しています。

87才という年齢をまったく感じさせない優雅で上品な美しさとオーラに見とれ、観客400人の口から感嘆の声がもれる。

伸びのある歌唱力は、聴く者すべてをひきこんだ。

2時間40分の長い舞台を終え、アンコールに立つ彼女に割れんばかりの拍手が送られる。

まだまだ現役で女優魂を貫く八千草さん。

しかしやはり無理をしているようで…

しかし、緞帳(どんちょう)がゆっくりと下りはじめ、舞台と客席を遮ると彼女の息は大きく乱れ始めた──。

舞台稽古中は点滴を打ったり、常にドクターがそばにいたりと健康状態に気をつけながらの進行だそう。

あまり無理はしないでほしいものですが…。

車いす姿で心配されるも…ドラマ内の話だった

過去には八千草さんが車椅子に乗っている!という噂も流れました。

しかしこれはドラマの中でのお話だったようです。

フジテレビ系ドラマ『福家警部補の挨拶』の最終回「女神の微笑」で披露したお姿です。

車椅子は今でも使っていないようなので、まだまだ元気ではいらっしゃるようですね!

八千草薫が語る「元気を保つ秘訣」とは?

八千草さんの元気の秘訣はなんなのでしょうか?

愛犬ヴェルディと出かける朝の散歩は、八千草さんの健康の源になっている。

「歴代の愛犬との散歩を長年の習慣でずっと続けています。

朝の散歩は気持ちいいですからね。

犬は瞬発力も強く、走り出すと大変なので、今は、ドッグトレーナーさんに散歩をお願いしています。

私は、その後ろからついて歩いているの(笑)」

早朝6時30分ごろから1時間ほどかけてのお散歩だ。

お散歩が彼女の元気の秘訣のようですね!

あくまで無理をせずゆっくりと…。

また別のところでは「年齢を気にしすぎないこと」とも話していました。

80才を過ぎた頃から、いろんな人に“もう無理しないで”と言われたそうです。

でも、八千草さんは、“無理をしないと女優という仕事はできない。

それに無理をするというのは、決して悪いことではない”と思っているんです。

むしろ年を取るごとに残された年数が気になるのか、仕事をしたいという思いが強くなっているようにも見えます。

年齢を気にせず、今やれる仕事をやる。

それが八千草さんの女優としてのポリシーであり、現役でい続ける秘訣なのでしょう。

八千草薫さんの記事については以上となります。

最後までありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする