山崎邦正の若い頃がイケメンと話題!【画像あり】ハゲで頭皮がやばい!引退理由について

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」にレギュラー出演し、現在、月亭方正として落語家でも活躍する山崎邦正さん。

若い頃はとてもイケメンだったという噂ですが、実際にイケメンだったのかどうか調べてみました。

山崎邦正の若い頃が予想外にイケメンだった!【画像あり】

1968年2月15日生まれで兵庫県西宮市出身の山崎邦正さん。

兵庫県立西宮南高校を卒業後、立正大学に進学し、その後立正大学大学院心理学研究科まで進みますが、大学院は中退しています。

1988年に「GSX(ガスペケ)」というお笑いコンビを結成し、1989年に東京進出します。

山崎邦正さんは学生時代はイケメンだったという噂ですが、写真を見ても今とは想像もつかないくらいの別人イケメン顔です。

高校時代は女性にモテていたらしく、西宮南高校のミスターに2年連続(2年・3年生)で選ばれたそうです。

中学生の時は剣道部で、3年生ではキャプテンもやりました。

スポンサーリンク

イケメンで剣道部のキャプテンも務めるくらいですから、中学、高校時代はモテた事でしょう。

デビュー当時の画像もチェック!まったく面影がない件w

山崎邦正さんは1987年にNSC大阪校の6期生で、1988年に軌保博光さんと一緒に「GSX(ガスペケ)」を結成し、1989年に東京進出を機に「TEAM-0」にコンビ名を変えています。

1993年に相方の軌保博光さんが映画製作への道に進むことになり、コンビを解散していますが、その頃がきつかったと後に山崎邦正さんは語っています。

一番つらかったのは25、26歳のころかな。

「おもんない」「アホ」と言われてすごく悩んで、家で枕に顔を埋めて叫んだりね。

でも、そういうことがあったからタフになれた。

結局は一生懸命やることが人の琴線に触れるんだってわかった。

ピン芸人のときにはわからなかったんだけどね。10年かかりました。

ただ、デビュー当時もイケメンだったため、アイドルのような存在だったそうです。

山崎邦正は現在ハゲ?後頭部が限界だと2chでも話題に!

現在50歳になる山崎邦正さん。

髪の毛の方に老化がきているようで、最近ではチラチラ見える頭頂部からは地肌が見えて視聴者からネットで噂になっています。

スポンサーリンク

ダウンタウンの松本人志さんも、山崎邦正さんがハゲてきたことについて、ガキ使の番組中も「カッパ」と呼んだりしています。

とはいえ、年齢も50歳を過ぎましたし、きれいな奥様と結婚して、3人の子供にも恵まれましたから、少しくらい頭頂部が薄くなっても気にしていないようです。

山崎邦正の引退理由って何?→毎年恒例の引退詐欺だった!

山崎邦正さんの引退という話は「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」で毎年恒例の企画です。

しかし2018年の企画は今までと少し違うのではと噂になりました。

「さようなら月亭方正」は2001年から15年連続で毎年3月か4月に放送された「ガキ使」の人気企画。

放送第2回目から番組に出演する方正が番組レギュラーの「ダウンタウン」と「ココリコ」に番組卒業を報告。

理由や経緯を説明したうえで、番組終盤に卒業はドッキリだったことを方正が自らばらすお約束の展開が人気を博していたが、16年から2年連続で放送がなかった。

15年連続であった企画が3年ぶりということで引退の噂がさらに広まったようです。

「なにしろ、今回の企画は3年ぶりであるばかりではなく、『ガキの使い』が2017年4月にリニューアルして初の放送です。

これまでとは内容もスタッフも一新されていますので、『マジ卒業』があってもおかしくはなかったでしょうね。

山崎邦正は2008年に落語家の月亭八方に弟子入り、2013年には芸名を月亭方正に改名しています。

現在は拠点を大阪に移しており、本業はあくまでも“落語家”です。

今後、真打を目指す場合には、テレビのバラエティ番組出演に対する何らかの整理は必要となるでしょう」(放送作家)

落語家としても華が咲いた月亭方正さんと、番組的に苦戦している「ガキ使」の両面からピン芸人としての山崎邦正が引退という説が大きくなったようです。

山崎邦正さんの若い頃、引退の噂について紹介しました。

今でも童顔な山崎邦正さんですが、若い頃のイケメン度はびっくりしました。

お笑いをやるにはイケメンよりは今のように太った感じで、髪も薄い方がお笑いでは成功するのかもしれません。

ただ素はイケメンですから、きれいな奥さんと一緒になって、2人の娘さんも1人いる息子さんも美女、美男かもしれません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする